日焼けに良くない四つの成分

「来週にみんなで海へ行く予定があるけど、思い切っり日焼けしてしまって水着を着るのが恥ずかしい…」
「きちんと日焼け対策をしているはずなのに、なぜか焼けてしまう…」
などなど、日焼けで頭を悩ませている方はとても多いのではないでしょうか。
日焼けの元となる紫外線は女性の大敵。肌がダメージを受けて、日焼けはするしシミはできるし散々ですよね。そのため、ドラッグストアや薬局にはたくさんの紫外線対策グッズが販売されていますが、それでも100%防ぐのは不可能。必ず少しは影響を受けてしまいます。
また、どんなに効果があるものを使っても全く実感出来ないという方は、もしかしたら日焼けに良くない成分を摂取しているからかも知れません。そこで今回は、紫外線の強い夏の季節は絶対に摂取を避けて欲しい、四つの成分をご紹介しましょう。
それは、「ソラレン」
「アルコール」
「薬の副作用」
「食品添加物」です。
ソラレンは野菜や果物に含まれており、きゅうりやミカンが代表的。光毒性があるため、朝にフルーツを食べる習慣がある方は、バナナなどにチェンジしましょう。
アルコールは血行を促進するため、日焼けの炎症を悪化させる原因に。食品添加物も、活性酸素を作り出してしまうので、できる限り自炊をして避けてください。
薬の副作用は、全員に当てはまるとはいえませんが、日光アレルギーを引き起こす人がいます。何かしらの薬を服用している際は、日焼け止めをマメに塗ったり、日傘をさすなどして日光を浴びないようにしましょう。
これらの成分を意識すれば、早めに日焼けの症状を治すことができますよ。開院のお祝いに人気の贈り物