会社に贈る花を選ぶとき

移転祝いや引越祝いの品としては、花や観葉植物を贈ることが一般的です。
お祝いの気持ちがストレートに伝わります。

IMG_2199

相手先との関係によってや移転の事情によっても異なりますが、おおよそ、1~2万円ぐらいの花にメッセージをつけて贈るのが多いです。
花の品種としては胡蝶蘭がよく選ばれています。

そのときには、とりわけビジネスでの取引先に贈る場合は、木札をつけるのがおすすめです。
木札には、お祝いのメッセージと贈り主の名前が書かれています。

なお、先方に届ける日は、移転や引越しの当日は受け入れ側が忙しいですので、なるべく移転した後に到着するように出荷の手配をすることがおすすめです。

花のギフトはネットからも贈ることができますので、大変便利です。

いつもお世話になっている人が転居したり、お得意様の本店や支店、営業所が移転したりしたときにお祝いを贈るのが礼儀といえます。
贈り物をするときに何を贈ると喜ばれるかは悩むところです。

現金では失礼にあたる場合もあり、花瓶などの物を贈るとかえって邪魔になってしまうこともあります。

どのようなケースでも、贈る相手が心から喜んでいただき、しかも邪魔にならないものを贈りたいものです。

そうした観点から、移転祝いとしてよく利用されるのがお花です。

移転すると、移転して開業したことを周囲にアピールする必要もあり、新しい営業所などには多くの人が集まるため、華やかに彩るためにメッセージを添えてお花を贈ることがおすすめです。
メッセージには、移転をお祝いし、今後のお付き合いの継続をお願いする一言盛り込むことがおすすめです。